昨年4月に出て話題になった本で、今頃ですがレビューというかメモめいたものを。
マンガなので読みやすいく、反面教師的に危機感を覚えるのには非常に良いです。

本著の著者上田忽子氏は最盛期は1,000万くらい稼いでいたものの、年金を一度も払っておらず(!)、ガス代滞納、通販で買っても未払で催促状が届き、確定申告も何度も遅れるなど、仕事はできるけど、それ以外が致命的にダメなタイプ。

竹熊健太郎『フリーランス、40代の壁』でも、40歳あたりからフリーランスは厳しくなるとあるように、本著の著者上田忽子氏もちょうど40歳で乳がんで入院、復帰するも仕事が減ってて収入が1/3以下に。
将来に不安を覚え鬱状態になっていた折りに、本書の企画が来ました。

節税の仕方や家を買うとき(持ち家&賃貸収入目的)のアドバイスがあり、その辺を勉強できるのはメリット。ただ、子なし夫妻なので、教育費などの話はありません。
『10分でわかる得する年金のもらい方』の著者田中章二氏による年金や保険のアドバイスや、著者が家をもう一軒買いたいというので、不動産コンサルタントの長谷川高氏のアドバイスもあります。

続きを読む "『マンガ自営業の老後』メモ。フリーランスにまともな「老後」はくるのか。"

前からフリーランスの時給単価はどんなもんか、というのを書いてみたかったのですが、いくらかかるの?Webサイト制作費用の内訳を徹底解説! -Code部が話題になってるので、webの制作費というか、フリーランスの時給について「その人が欲しい年収」から逆算した結果を書いてみます。

続きを読む "フリーランスと時給、あるいは単価の決め方"

フリーのイラストレーター西川さん(‏@nishi1010kawa)のツイートを何気なくRTして、その後僕が実際にあった怖い契約書の話をしたら思いの他RTされたので、対策も含めてもうちょっと詳しく書いてみます。

続きを読む "本当にあった怖い業務委託契約書、あるいはフリーランスはきちんと契約書を読まないとわりと死ぬ"

どうも、進捗とかスケジュールって言葉が大嫌い苦手なフリーランスのたけです。
面白いエントリが話題になってたので、いっちょかみしてみます。

フリーランスに仕事を頼むなら、多少値が張っても「仕事が早い人」に頼む。

1週間・1ヶ月で80万とか270万とか、プログラマの方を想定されてるのでしょうか、80万の見積を書いただけでもビビる零細フリーランスとしては、羨ましい限りです。

元エントリを読んで、どうも微妙な感じがしたので、制作者側からの意見を述べてみます。

続きを読む "フリーランスだけど、正直スケジュールは余裕もって出すよね(´・ω・`)"

Twitterでオモシロイ質問を頂いたので、真面目に考えてみました。

続きを読む "泡沫フリーランスだけど、人を雇うとしたら、面接で何をチェックするか考えてみた。"

どうも、おかげさまでフリーランス8年目のたけでございます。
ブログ飯もフリーランスのweb屋も、webでメシ食ってるって言う点では似て・・・非なるものだけど、おもしろそうなので、適当に答えてみる。
ブログで飯を食うつもりなら答えてほしい6つの質問| らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

続きを読む "web屋版「ブログで飯を食うつもりなら答えてほしい6つの質問」"